旧日本軍性奴隷問題の解決を求める           全国同時企画・京都のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新刊本の紹介

※京都実行委メンバーも共著で原稿を書いています。できたてホヤホヤ!
『戦争への想像力~いのちを語りつぐ若者たち』
小森陽一監修/新日本出版社/1600円+税
■語りつぐ「戦争」、受けつぐ「希望」――戦争を知らない世代が動き出す
 残された時間は限られている――戦争体験者と若者たちの想いが重なり合ったこの瞬間、「戦争体験」を受けつごうとする若い世代の新たな活動が広がっている。六十年という時間を越えて、日常生活のただ中で、どうしたら戦争の現実を伝えられるのか。体験者と出会い、想像し、共感する若者たちの試みに耳を傾けてみませんか。
http://www.shinnihon-net.co.jp/catalog/product_info.php?products_id=1859

『歴史と責任~「慰安婦」問題と一九九〇年代』
金富子・中野敏男編著/青弓社/2800円+税
■冷戦が終結し、日本軍「慰安婦」問題が鋭く問われた一九九〇年代、それは世界中で迫害と暴力の歴史が見直され、その責任が問われだした時代だった。この時代を広い文脈から捉え直し、正義と真実の立場から新たな和解への道を切り開く行動提起の書。
http://www.seikyusha.co.jp/books/ISBN978-4-7872-3286-1.html

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。