旧日本軍性奴隷問題の解決を求める           全国同時企画・京都のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

900回連帯水曜行動

1月13日の水曜日は、韓国の水曜デモが900回を迎えます。
挺対協(挺身隊対策協議会)から連帯行動への呼びかけがありました。
京都でも連帯の気持ちをこめ、臨時の水曜行動を行いたいと思います。

900回連帯水曜行動
1月13日(水)18:00~19:00
場所:三条河原町 商店街アーケード入口にて



↓京都以外の地域での連帯行動案内です

●西宮
 1月13日(水)18:30~19:30@西宮北口駅近くのアクタ前ロータリー
 主催:日本軍「慰安婦」被害女性と共に歩む大阪・神戸・阪神連絡会

●福岡
 1月13日(水)15:00~16:00@西新プラリバ前(地下鉄「西新」駅真上)
 主催:早よつくろう!「慰安婦」問題解決法・ネットふくおか

●東京 ≪日本政府よ! 償いのできる時を逃すな!≫
 1月13日(水)14:30~15:30@参議院議員会館前
 ※個人・団体横断幕などアピールするものをお持ちよりください。
  集会後、国会議員へ要請行動をおこないます。
 主催:戦時性暴力問題連絡協議会(E-Mail lippo.forCW@gmail.com)


以下、挺対協からの呼びかけです。

1992年1月8日、宮沢喜一当時総理の訪韓をきっかけとし、日本軍「慰安婦」問題解決を求め始まった水曜デモが、来週で900回を迎えます。「900」という数字は、それほど長い歳月の間解決できなかった現実を思うと、希望よりも絶望に近い数字であるかもしれません。しかし、日本軍「慰安婦」問題解決と女性の人権を叫び参加した方々、水曜デモが作ってきた成果を思うと、「900」という数字はまさにパワーであり、またハッキリとした希望で
す。

水曜デモの最前列を守り続けてきた日本軍「慰安婦」被害ハルモニの風除けとして、同志として、ひいては日本軍「慰安婦」問題解決を叫ぶ平和と人権の守り神となってくれた国内外の全ての団体・市民の皆さんに、熱い感謝を送ります。毎週水曜日、日本大使館前に向かう足取りは、時には辛いこともありますが、まさに皆さんがいるおかげで挺対協は希望の一歩を踏み出してきました。

1月13日に900回を迎える水曜デモは、日本軍「慰安婦」問題解決の元年とすべき2010年の年頭に開催ということもあり、より大きな連帯で各地で開催していただくことをお願いいたします。日本による韓国強制併合から100年、挺対協結成20周年になる今年は、必ずや日本軍「慰安婦」被害者の名誉と人権を回復しなければならない重要な年です。また、昨年の鳩山連立政権出帆にあわせ、必ずや問題解決をなすための戦略的重要性も重なっています。

現場でともにすることはできませんが、海外にいらっしゃる方々と気持ちを一つにしたいと思っています。もし連帯行動をされる場合には、声明書やメッセージがあれば挺対協に送っていただければ有難いです。加えて、900回連帯集会の計画もあわせてお知らせいただければと思います。

年始の忙しい時期だとは思いますが、よろしくお願いいたします。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。