旧日本軍性奴隷問題の解決を求める           全国同時企画・京都のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【企画案内】日本軍「慰安婦」制度とは?

学習会「日本軍「慰安婦」制度とは?」
9月30日(土)午後2時~@京都大学文学部新館第4講義室
会場地図はこちら→ http://www.bun.kyoto-u.ac.jp/map.html
講師:藤永壮さん(大阪産業大学教員。専門は朝鮮近現代史、東アジア交流史)

藤永さんの主な研究テーマである、植民地公娼制度・日本軍「慰安婦」制度についてお話ししていただきます。日本軍性奴隷問題の入門編です。
「第2次大戦前、日本帝国が支配していた地域(朝鮮、台湾、「満州」など)や中国本土地方に日本が導入した公娼制度の内容と、その制度のもとで接客業に従事した朝鮮人女性の生活状況の調査、分析。この研究を通じて「帝国」日本の性支配のシステムを明らかにするとともに、こうしたシステムが15年戦争期の日本軍「慰安婦」制度にどのように引き継がれていくのかを考察する」(藤永さんのHP「ナルゲ」より:http://www.dce.osaka-sandai.ac.jp/~funtak/index.html
他にも、藤永さんは植民地期・開放直後の済州島の社会運動についても研究されています。台湾にも滞在し、04年の水曜デモにも参加されているそうなので、台湾のようすもお聞きしたいと思います。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

どこまで行っても嘘は嘘

ページタイトルについて、
主催者の方がどのような意図を持って、『旧日本軍性奴隷問題の解決を求める』の文言を使用されているか分からないのですが、正しくは『韓国政府が見捨てた戦場売春婦問題』ではないでしょうか?

また、『解決を求める』とありますが、既に解決済みですよ、
失礼な言い方ですが、嘘をつくのは止めましょう、

ほの暗き闇の底 | URL | 2006年11月03日(Fri)22:58 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。