旧日本軍性奴隷問題の解決を求める           全国同時企画・京都のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国・ナヌムの家訪問

9月11日から16日まで韓国へ行っていました。
京都で「慰安婦」問題の解決のために活動を共にしている人たち、関心を寄せている人たちとの旅でした。

昨年秋に、ナヌムの家からお招きした優しく、気高い姜日出ハルモニ。
私たちが行く前から、ハルモニは「京都の人たちはいつ来るんだい?」と楽しみにしていてくれたそうです。

8月はあまりに訪問者が多いそうなので、その時期をずらし、なおかつハルモニの畑に収穫物が実っている頃を狙って予定をたてたのですが、9月になってもナヌムの家は訪問者でてんてこ舞い。
さらに日本の高気圧にはじかれ朝鮮半島を襲った台風・梅雨前線たちの影響で、畑の作物も大ダメージを受けていました。
毎日雨が降るので、収穫された大量のトウガラシは外で乾燥させることができず、私たちが訪れたときはハルモニの部屋のベッドに敷き詰められ、寝る場所を占領中でしたが、そろそろ無事に乾いているでしょうか?

P1000109_convert_20100925115125.jpg

滞在中はアロママッサージの先生とハルモニたちをマッサージしたり、中国暮らしが長かったハルモニたちと共に餃子作りをしたり。あとはリビングで一緒にテレビを見たりと、生活にお邪魔させてもらい、のんびりと過ごすことができました。

ナヌムの家を訪れるたびにハルモニたちの優しさ、と同時に老い、寂しさ、孤独を感じます。
これからも、できることを続けて行きたいと思います。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。