旧日本軍性奴隷問題の解決を求める           全国同時企画・京都のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾・写真展のご報告

6月23日~26日まで、銀閣寺から哲学の道を南に少しくだったところにある法然院の展示スペースをお借りして「VOICES OF Ah-Ma 台湾 阿媽(アマー)の写真展」を開催しました。わずか4日間の開催でしたが、観光中の方々、修学旅行中の中学生たち、他にもスタッフを除き230名もの方が訪れてくださいました。
最終日の企画、柴洋子さん(台湾の元「慰安婦」裁判を支援する会)のお話を聞く会にも40名が参加してくださりました。柴さんからは、台湾でのセラピー活動の様子や、アマー達の今の生活、名乗りをあげるまでの葛藤や苦しみなど、柴さん自身がアマー達と出会い、関わる中で抱いてきた気持ちなどを交え、熱く語っていただきました。
緑に囲まれた、静かな佇まいと祈りの空間である法然院。ここをお借りして写真展を開催でき、本当によかったです。できることなら、アマー達にも訪れてほしかったなと思いました。

台湾写真展2

台湾写真展



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。