旧日本軍性奴隷問題の解決を求める           全国同時企画・京都のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

報告~その1 アマーたちと過ごした濃密な日々

旧日本軍性奴隷問題の解決を求める全国同時企画2006・京都の企画が終了しました。
簡単に、アマー(台湾語でおばあさん)たちの滞在スケジュールをご紹介します。
超ハードスケジュールで、わたしはアマーが旅立った後14時間爆睡してしまいましたが、どんなにハードだったかと言うと…

18日(土)3人のアマー、支援団体の3名、夜20時に関西空港到着(イアン・アパイ(中国名:林沈中)アマーは自宅を朝4時に出て飛行機で台北まで行き、ここで乗り換えて関空へ)、23時に宿舎へ。軽い夜食を食べ、2時過ぎに就寝。
19日(日)朝9時頃朝食(アマーたちはもっと早くに起きているが、台湾の支援団体の若いメンバーがなかなか起きない)、その後、歩いて宿舎の近くにある観光名所「曼殊院」へ。14時半~全国同時企画2006にて、約180名の参加者の前で証言、18時~パーティー形式の交流会。歌って踊って盛り上がり、21時にようやく会場を出るが、アマーたちはすぐに宿舎に戻らず、ドラッグストアーで薬やら化粧品を買いさらに盛り上がる。この日も深夜1時過ぎに就寝。
20日(月)この日はさすがにアマーたちも9時頃までぐっすり。やはり証言の前後は緊張したり、当時のことを思い出して眠れなくなるようだ。みんなで遅めの朝食を食べる。11時に韓国の被害女性・李玉善ハルモニと大阪実行委ご一行と合流(李玉善ハルモニは大阪の同時企画にお招きされていた)、鞍馬温泉へ。足腰の悪い91歳の呉秀妹アマーも含め、みんな階段を登り、露天風呂を楽しむ。紅葉もきれい。そのままそこで昼食、2時半に鞍馬を出て、蓮華寺で抹茶を飲み、ユニクロでお買い物。ここでも超盛り上がり、1時間以上大騒ぎして、ようやく宿舎へ。夜は京都・大阪合同交流会で30人近く集まり、深夜まで宴会。
21日(火)朝、李玉善ハルモニを見送り、9時頃朝食。10時半に宿舎を出て、金閣寺観光。写真を撮ったり、お土産を買ったりして盛り上がり、約束の時間を大幅に遅れ12時半に佛教大学に到着。アマーたちの証言を大学で開催する段取りをしてくれた先生が、おいしい京料理のお店を予約してくれている。2時半から学生や一般参加者約150名の前で証言。5時から30分程、学生たちと交流会。帰りに、佛大で出された京都・百万遍の銘菓「阿闍梨餅」がおいしいので買って帰りたいと、出町柳商店街へ。1時間近く買物を楽しんだ後、宿舎へ戻り、お別れパーティー。この日はさすがに12時過ぎには就寝。
22日(水)朝7時起床、8時過ぎに宿舎を後にし関空へ。出発までの時間、少しお茶をし、最後のお買い物。ぎりぎりまで遊んで、元気に旅立って行ったそうな。
とまあ、こんな感じで…ほんとうにハードだったんですが、アマーたちは本当に元気でした。(つづく)

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

来てくれてありがとう

あんずさんのお手紙を、
アマーたちはとても喜んでいた様子でした。

まいきゅう | URL | 2006年11月25日(Sat)00:14 [EDIT]


よかった

アマーたちのお元気な様子に
私もうれしくなりました

すばらしい企画をありがとう
おつかれさまでした
そして
これからも いっしょに
頑張っていきましょうね
いちばん 強いのは 真実です

あんず | URL | 2006年11月24日(Fri)01:12 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。