旧日本軍性奴隷問題の解決を求める           全国同時企画・京都のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【緊急】ロラズハウス基金にカンパをお願いします!

フィリピン・ロラズハウス基金にカンパをお願いします!
ブログ http://lolas.exblog.jp/

 フィリピンのリラ・ピリピナ(フィリピン人日本軍「慰安婦」被害者・支援団体)のロラズハウスはマニラの郊外のケソン市にあります。
 ロラたちは、ここで話し合いや学習をしたり、パーティをしたりと楽しく過ごしてきました。病気になったり、生活に困ったり、台風で家が浸水した時などの避難場所にもなってきました。ロラたちは、ロラズハウスを心のより所として、自らを癒し、誇りをとりもどし、明日への力を養ってきたのです。
  また、ここは古着を売ったり、おばあさんの食堂を開いたりしながら活動できる場所、内外の訪問者との交流の場としても重要な役割を果たしてきました。
 ところが、ここ数年日本 からのカンパが激減し、ロラズハウスの維持が難しくなりました。
 ロラたちは「せめて今年(2006)のクリスマスはここで過ごしたい」と言いました。コーディネーターのリチェルダさんが私財を投じ、この願いは叶えられましたが、存続の危機は変わりません。
私たちはこの窮状を知り、次のように考えました。---ロラズハウスは、借家です。この機会に、ロラたちの建物を購入しよう。そして、ロラたちが集い、ロラズハウスの灯を灯し続けられる場所、記念になる場所を確保しようと。
 リラ・ピリピナに相談しましたら、次のような手紙が来ました。ロラたちの尊厳の回復のために皆さんと共にロラズハウスを確保したいと思います。皆さんの温かいカンパを訴えます。

★☆■リラ・ピリピナからの手紙■☆★
 リラ・ピリピナは、日本 の皆さんが「ロラズハウス基金」を立ち上げられたことを歓迎し、感謝します。そして、多くの皆さんが、ロラたちのロラズハウスを維持したいという願いや必要性について理解されていることを嬉しく思っています。
 ≪ロラズセンター/ハウスは私たちにとってとても重要な場所なのです。それは、私たちがとても自然でいられる場所、私たちを受け入れ、私たちを理解し、私たちが自分自身を再び見つけることのできる場所なのです。この場所は、私たちが自分の価値を再認識し、自分を尊重し、誇りある態度と尊厳を取り戻すことのできる場所なのです。≫
 ≪私たちは、思い描きます。ロラズセンター/ハウスは、次世代の人たちが私たちのすべてについて学び続けられる場所になります。そこには、私たちの正義を求めて闘って来た行動を示す写真やドキュメント、私たちのもっとも大切な、私たちの生に触れるすべてのものが残されます。私たちはこれらが若い世代と共有でき、私たちを思い起こし、私たちを理解し、共に闘ってくれることを望んでいます。≫
 ≪私たちは日々年老い、私たちの日々は幾ばくもありません。しかし、私たちは、この計画の実現なしにこの世から去りたくないのです。私たちは、心から、皆さんがこの計画に参加されることを、希望いたします。≫
2007.1 R.Extremadura

☆★カンパ!目 標額は、200万円です★☆
1口1,000円ですと、2000人以上の方の協力が必要です。この金額は建物の費用のみです。ロラたちの記録を整理し、展示する費用は含まれていません。どうぞ皆さんからもお友達に呼びかけていただき、200万円以上のカンパが集まりますようご協力いただければと思います。 
 そして、皆さんがフィリピンに行ったときは、ぜひロラズハウスを訪ねてください。
 いま、ガブリエラ所有の建物を改修・増築しようという案が出ています。京都のK氏が、12月に下見をしてきましたが、今のロラズハウスに近いところで、各地からの交通の便も良く、広さもあるので良いのではないかとのことです。
 今後の情報は、『通信』などで逐次お知らせしたいと思います。
-----------------------------------------------------
●ロラズハウス(おばあさんの家)基金●
目 標 額 :200万円
募    金:一口  1000円(なるべく複数口をお願いします)
郵便振替番号:00100-3-725277
口 座 名 :ロラズハウス(おばあさんの家)基金
 
●ロラズハウス(おばあさんの家)基金・呼びかけ団体
【京都】旧日本軍性奴隷問題の解決を求める全国同時企画・京都実行委員会
    E-mail welcomeharumoni@hotmail.co
【東京】フィリピン元「慰安婦」支援ネット・三多摩
    0422-34‐5498    E-mail hachinoko@ba2.so-net.ne.jp
【東京】フィリピン人元「従軍慰安婦」を支援する会 
  ------------------------------------------------------
●振替用紙には、お名前の公表の可否を必ずお書きください。
 現地ロラズハウスにカンパされた方のお名前を届けたいと思います。
●メッセージをおねがいします。
◎領収書が必要な場合は、お知らせください。
-------------------------------------------------------

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。