旧日本軍性奴隷問題の解決を求める           全国同時企画・京都のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【企画案内】水曜行動

水曜行動
5月2日(水)18:00~19:00
場所:三条河原町 商店街アーケード入口にて
※終了後、場所を移動してミーティングをします。
 関心のある方は、こちらもご参加ください。
※大阪では19:00~大阪駅歩道橋上で行なわれています。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

>一般人さん

自称ジャーナリスト・古森氏の情報をまだ鵜呑みにしてるところ、決して「一般人」にはみえませんがw

「(一部)強制はなかった」→「組織的に強制はしていない」→「アメリカは嘘をついている」→「日本政府に責任はない」

とんでもウヨクの常套手段ですね。

「慰安婦」が全て奴隷狩りのように強制的に徴集されたとは誰も言っていません。仕事があるからと「自分の意思」で行ったものの、話とは違って「慰安婦」にされた場合もあります。もちろん強制的に「慰安婦」にされたケースもオランダの裁判記録から見つかっています。

事実関係に絞って、もう少し幅広く書物や情報をあたってみてはどうですか。

一般人2 | URL | 2007年07月08日(Sun)01:44 [EDIT]


「民間が慰安婦集め」 米軍調査「日本軍は利益得ず」

【ワシントン=古森義久】
戦時の日本軍の慰安婦に関して、日本側の民間業者が慰安婦候補とした女性家族に
まず現金を支払って彼女らを取得していたことを示す米陸軍の調査報告書があることが
わかった。報告書は、この業者が朝鮮で商業利益を目的に慰安婦の徴募に直接あたって
いたことを示し、現在の米側の一部の「日本軍が女性を組織的に強制徴用していた」という
主張とは異なる当時の実態を明らかにしている。

報告書は米国陸軍の戦争情報局心理戦争班により第二次大戦中の1944年9月に作成
された。「前線地区での日本軍売春宿」と題され、同年8月にビルマ(現ミャンマー)北部の
ウェインマウ付近で米軍に拘束された日本人の慰安所経営者(当時41歳)の尋問結果が
主に記録されている。

この経営者は、日本人の妻(同38歳)と朝鮮女性の慰安婦20人とともに米軍に捕まった。
この慰安婦の尋問結果をまとめた報告書は別に存在し、日米両国の研究者などの間で
参照されてきたが、経営者だけについての報告書は公開の場で論じられることが少なかった。

報告書によると、経営者は朝鮮のソウルで妻とともに食堂を開き、ある程度の利益を得て
いたが、景気が悪くなり、新たに収入を得る機会の追求としてソウルの日本軍司令部に
慰安婦を朝鮮からビルマに連れていくことの許可を求めた。この種の提案は朝鮮在住の
ほかの日本人ビジネスマンたちにも軍から伝えられていたという。

同経営者の慰安婦集めについては「彼は22人の朝鮮女性に対し個々の性格、外見、
年齢による区分で1人あたり300円から1000円の金をまずその家族たちに支払い、
取得した。22人の女性は年齢19歳から31歳までで、経営者の占有する資産となった。
日本軍は(この取得から)利益は得ていない。ソウルの日本軍司令部は同経営者に対し
(ビルマまでの)ほかの日本軍各司令部あてに輸送、配給、医療手当などの必要な援助を
与えることを認めた書簡を与えた」と記している。

このように報告書では、この慰安婦採用の過程については日本軍が「許可」あるいは「提案」
したとされ、経営者の女性集めはすべての個々人に現金をまず渡していることが明記され、
「日本軍が女性たちを組織的に強制徴用して性的奴隷化した」というような米国議会の決議案
の解釈や表現とはまったく異なる事情を伝えている。

報告書によると、この日本人経営者は妻や22人の朝鮮女性とともに1942年7月10日に
釜山を船でたち、台湾、シンガポール経由で同8月20日にビルマの首都ラングーン(現ヤン
ゴン)に到着した。女性たちはその後、北部のミッチナ(当時の日本側の呼称はミイトキーナ)
地区の日本軍歩兵114連隊用の慰安所に送られたという。

ソース:iza(産経新聞5月12日3面に掲載)
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/america/51406/
関連スレ
【緯度経度】 ワシントン・古森義久 慰安婦問題での陰謀説 【産経新聞】[04/21]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1177130157/

一般人 | URL | 2007年05月19日(Sat)13:43 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。