旧日本軍性奴隷問題の解決を求める           全国同時企画・京都のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ニュース】米下院「慰安婦決議案」満場一致で可決

米下院「慰安婦決議案」満場一致で可決
下院全体会議で初めての採択
[中央日報]
ワシントン=李サンイル氏・姜チャンホ氏 2007.07.31

米下院は30日午後(現地時間)日本軍慰安婦に対して日本政府の公式謝罪を要求する「慰安婦決議案」を満場一致で可決した。慰安婦決議案が米議会で採択された事は、今度が初めてだ。慰安婦決議案は1997年以来10年間に6回ほど下院に提出されてきたが、日本の力強いロビー活動のため、全体会議には上程さえする事が出来なかった。
下院全体会議は、この日午後3時13分頃に決議案に対する賛否を問う形式の表決を通じて、決議案を通過させた。全体会議では、「反対意見があるか」という問いに、誰も返事しなかった。
表決に先立って、トム・レントス下院外交委院長は、決議案に対する最初の支持発言を通じて、「どんな国も過去を無視する事は出来ない」と発言し、「ドイツは第2次世界大戦後に過去史を反省する正しい選択をした一方で、日本は歴史的な忘却をけしかける態度を見せた」と指摘した。彼は「日本軍慰安婦たちが、強圧なしに自発的に売春行為をした」と言う日本側の主張に対して、「強姦(rape)という単語の意味が分からない強弁」と批判した。また日本の一部議員たちが、ワシントンポストに出した広告を通じて、「慰安婦たちが当時も自発的に売春行為をした」と主張したのに対した、「怒りを引き起こす事」と述べ、「下院が決議案を支持してくれ事を願う」と述べた。
決議案を発議した、日系3世のマイケル・ホンダ議員は、「歴史的な過誤に対する和解の第一歩は、傷の治癒」と述べ、「日本政府は慰安婦の苦痛に対して、明白に公式謝罪するのは当然だ」と強調した。ホンダ議員は、下院の東アジア太平洋小委員会で証言した慰安婦出身のイ・ヨンスハルモニなどの勇気に敬意を表した。
ホンダ議員が、1月に発議したこの決議案は、その間下院議員の435人の中、3分の 1はるかに超えた168人が共同発議者として参加した。決議案は先月26日下院外交委員会で、賛成39票、反対2票の圧倒的な票差にて可決された。当時ナンシー・ぺロシ下院議長は、直ちに支持声明を発表した。日本政府はその間に「慰安婦の強制動員はなかった」とロビー会社などを通じて、決議案通過への阻止ロビー活動を行ったが、むしろ米議会の反発だけを買った。
決議案は、太平洋戦争当時の日本による慰安婦強制動員を、「20世紀最大の人身売買事件の中の一つ」と規定した。それと共に日本の一部の教科書たちが、慰安婦動員と日本の戦争犯罪を縮小しようとしていると指摘した。
これと共に日本政府に、「旧日本軍が若い女性たちを、性奴隷に強制動員した事実を、日本総理が公式声明を通じて認定し謝って、歴史的責任を負う一方で、これを否認する主張を公開的に反駁して、日本の未来の世代にこの歴史を教育しろと要求した。決議案は法的拘束力はないが、この間過去史を歪曲してきた日本政府の無責任な態度を、国際社会に換気する事によって意味が大きいというのが米議会関係者たちの評価である。

翻訳
ナヌムの一兵

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。