旧日本軍性奴隷問題の解決を求める           全国同時企画・京都のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【企画案内】夏淑琴さん・証言の夕べ

被害者の痛みを否定するという根本的な加害行為が、今も私たちの社会で繰り返されている。この状況を改善しないかぎり、あの戦争はいつまでも、私たちを追いかけて、離すことはない。

夏淑琴さん・証言の夕べ
~南京大虐殺を生き延びた少女の「戦争」~
日時:2007年8月13日(月)18:30~ 
場所:洛陽教会礼拝堂(寺町通丸太町上ル東側)
一般800円、学生500円

「私は、戦後に育った若者たちには私たち被害者の心情を理解して欲しいと思います。
 しかし一方では、私は、このような被害証言をもう話したくないとも思います」


日本の侵略戦争が与えた最も凄まじい加害は、中国の人々に対するものです。いまの戦後世代の中国の人々も、必ずといっていいほど家族や身近な知り合いから、何らかの悲痛な被害の記憶を受け継いでいます。日本に生きる私たちが、そのような人々の集団的な記憶に想像をよせることは、関係を築く上で不可欠なことだと思います。
被害者が被害を語るということは、その被害の不当性に対して闘っているということです。「被害」に押し潰されまいとするその人の尊厳を、そこに読み取ることができます。ですから証言を聞くということは、歴史の事実を知るということにまして、その人の人生に思いを馳せ、より人間らしくありたいと願う私たち自身の意志を取り戻す契機になるものです。
「話すたびに心が傷つき、心理的に耐えられなくなる」という夏さんがはるばる日本に来て、私たちに語ってくれます。盛暑の夕べ、夏さんに会いに、どうぞ足をお運びください。

◆夏淑琴(シャー・スーチン)さん



南京が陥落した12月13日の朝、家に押し入ってきた日本兵に、家族9人のうち7人を殺害され、自らも負傷した。夏さんは当時8歳。母と二人の姉は輪姦されたうえ、惨殺された。夏さん一家の被害は、当時南京にいた米国人牧師やドイツ外交官によっても記録されている。
被害の証言を始めて20年ほどになるが、日本で出版された本で自分がニセの証言者であると書かれたことに対し、2004年に中国で名誉毀損訴訟を起こした。これは中国人戦争被害者の対日訴訟が中国の裁判所で受理され、審理された初めての事例であり、後に勝訴している。現在、日本の裁判所でも同事案について係争中。

◆南京事件とは


いまから70年前の1937年8月15日、日本軍は宣戦布告なしに当時の中国政府の首都・南京への空襲を開始した。これが南京受難の幕開けとなる。12月13日に南京を侵攻・占領した日本軍は、直後より翌年3月にかけて、市の内外において、中国軍捕虜や住民に対し、集団殺戮、個別殺戮、強姦、略奪、放火などの行為を大規模に繰り広げた。これらを総称して南京事件という。日本軍が中国の大都市で起こした最大規模の民間人殺戮であったことから、中国では日本軍の侵略・残虐事件の象徴とみなされている。南京侵攻に関わった主な陸軍の師団に、第十六師団(京都)、第九師団(金沢)などがある。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

夏さんは、もうじき80歳とは思えないほど元気で、やさしくあたたかいおばあさんでした。京都に来たことをとても喜んでくれて、「昔は日本の兵隊にひどいことをされたが、今はみんなが優しくしてくれて、私はふつうの人なので何もお返しができなくて申し訳ない」と。夏さんの両目は、殺された家族を思って泣きはらし、視力が低下しているそうです。痛みや苦しみを乗り越えて、あんなにもあたたかく、やさしい気持ちになれるまでには、きっと長い時間が必要だったのだと思います。日本の(自称)研究者に「ニセ証人」と言われ、それがどんなに悔しかったかということを、怒りを込めて証言されていました。そのようなことを言われるたび、昔の記憶がフラッシュバックし、何度も泣きはらしたそうです。それでも、わざわざ遠く日本にまで来て、「日本の人も、どこの国の人も、戦争によって被害にあってほしくはないから」と証言をしてくださった夏さんに、感謝の気持ちでいっぱいです。
http://www.geocities.jp/yu77799/nankin/kashukukinsapio.html

まいきゅう | URL | 2007年08月14日(Tue)20:48 [EDIT]


 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

夏淑琴さんの話を聞く

2007年8月13日、私は京都の洛陽教会で開かれた「夏淑琴さん・証言の夕べ」に参加しました。夏淑琴さんは70年前の日本軍による南京大虐殺の生き証人です。主催は旧日本軍性奴隷問題の解決を求める全国同時企画・京都実行委員会。 夏淑琴(xia4 shu2 qin2)さんの証言は本多勝
[続きを読む]

壊れる前に… | 2007年08月15日(Wed) 00:03


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。