旧日本軍性奴隷問題の解決を求める           全国同時企画・京都のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【企画案内】映画上映会『オレの心は負けてない』

ほんとに素晴らしい映画です。京都初?上映!ぜひお見逃しなく!

・・・以下転送転載大歓迎・・・・
■上映&トーク
ドキュメンタリー映画 
在日朝鮮人「慰安婦」宋神道のたたかい
  『オレの心は負けてない』


上映とお話
●日時 2008年1月13日(日)
    午後1時35分上映(開場1時20分)
 ・1時35分~3時10分『オレの心は負けてない』上映
           (2007年/監督 安海龍/95分)
 ・3時20分~梁澄子(ヤン・チンジャ)さん
         (在日の慰安婦裁判を支える会)のお話
        『宋神道さんと共に歩んだ16年』
 ※宋神道(ソン・シンド)さんとの出会いと交流、裁判を支える会の活動を続けて来られての思い等々を自由にお話していただく予定です。
 ・お話の後、質疑応答・意見交流(予定)
 (4時40分頃終了予定)

●会場:ひと・まち交流館 京都 第4会議室(3階)
    (河原町五条下がる東側)
    案内:http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html
    京阪「五条」駅下車徒歩8分/
    地下鉄烏丸線「五条」駅下車徒歩10分
    会場TEL:075-354-8711
〔※定員90名ー開場時の先着順とさせていただきます。〕

●参加費:1000円
●主催:ピースムービーメント実行委員会
  旧日本軍性奴隷問題の解決を求める全国同時企画・京都実行委員会
 協賛:女性国際戦犯法廷ハーグ判決を実現する会(ハーグの会)
   
●問い合わせ:
 TEL:075-751-0704(山崎)夜間21:30~22:30
 E-mail:ANC49871@nifty.com

●映画の紹介
『オレの心は負けてない』
(2007年/監督 安海龍/95分)

(在日の慰安婦裁判を支える会のHPより) 
詳細は、http://www.geocities.co.jp/WallStreet/7486/
 この映画は、中国で7年間、日本軍の「慰安婦」を強制された宋神道さんが、戦後の日本で沈黙の半世紀を生き、日本政府を相手に10年の裁判をたたかった過程を描くドキュメンタリーである。
 宋神道さんは1922年、朝鮮の忠清南道に生まれた。満16歳の時(1938年)、騙されて中国中部の武昌で「慰安婦」をするよう強制される。19歳の時に初潮を迎え、その後たびたび妊娠。漢口で子どもを産むが、中国人に預けて岳州に移動。「部隊付き」として、応山、長安などに出かけることもあった。咸寧で日本の敗戦を知るが、行く宛もなく、「結婚して日本に行こう」という日本軍人の言葉に一縷の望みを託して日本へ。しかし1946年春、引き揚げ船で博多港に着いた後、ほどなくその軍人に放り出されてしまう。
 その後、宮城県在住の在日朝鮮人男性河再銀さんに救われ、河が亡くなる1982年まで共に暮らしたが、現在は独り暮らし。1993年4月、日本政府に対し「謝罪文の交付」と「国会での公式謝罪」を求めて提訴した。
 この裁判を支援するため、1993年1月「在日の慰安婦裁判を支える会」が結成された。「支える会」は、代表は決めない、事務所を持たない、専従も置かない、という「ないない三原則」に則って活動した。
 映画は、宋さんと「支える会」が出会い、共に泣き、笑い、歯ぎしりしながら裁判をたたかう過程、そしてこの裁判を通して宋さんが歩んだ被害回復の過程を描き出す。
 裁判は、1999年10月東京地裁、2000年11月東京高裁で請求棄却、2003年3月に最高裁でも上告を棄却され、敗訴が確定したが、敗訴確定後の最後の裁判報告集会で宋さんは言った。
 「裁判に負けても、オレの心は負けてないから」
 裁判に負けても、負けた気がしない。そう言い合える関係が、宋さんと支える会、支援者たちとの間で築かれた10年だった。
 しかし、「慰安婦」問題はまだ終わっていない。国家犯罪を犯した国が、責任を負っていないからである。
 宋さんは今も、この日本で、二度と戦争をしてはならない、自分のようなオナゴをつくってはならないと、訴えている。

●梁澄子(ヤン・チンジャ)さんのプロフィール〔トーク〕
 1957年生まれ。通訳・翻訳業、「在日の慰安婦裁判を支える会」、「下関判決を生かす会」世話人。一橋大学講師。在日の日本軍「慰安婦」被害者としてただ一人裁判を起こした宮城県在住の宋神道(ソン・シンド)さんの裁判支援を行ってきた。
 98年、関釜裁判の下関判決を勝ち取ったのを契機に、日本軍性暴力被害者の各国の裁判、韓国・中国・台湾、フィリピンなどの被害者たちの裁判の支援団体のネットワーク・「下関判決を生かす会」をつくり、世話人として活躍。
 著書には「海を渡った朝鮮人海女ー 房総のチャムスを訪ねて」
      (1988年 新宿書房)( 金栄 梁澄子 共著)他
  ※在日の慰安婦裁判を支える会 
  http://www.geocities.co.jp/WallStreet/7486/

●○────────────────────────○
※スタッフ募集!!
 ピースムービーメント実行委員会は、映画を通じて平和について考えようという趣旨で、個人有志で、上映会(&講演の時もあり)をこの5年で40作品余りを企画してきました。
 企画・広報スタッフ・当日スタッフを常時大募集しております。ご協力願える方は、上記問合せ先にご連絡ください。
●○────────────────────────○

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。